ディープな話題

都内のハッテン場で密売 “強姦薬”合成麻薬GHBの作用と危険度

都内のハッテン場で密売 “強姦薬”合成麻薬GHBの作用と危険度

都内のハッテン場で密売 “強姦薬”合成麻薬GHBの作用と危険度

「液体エクスタシー」と呼ばれ、性的興奮作用があるとされる合成麻薬「GHB(γ―ヒドロキシ酪酸)」が入った液体を密売目的で所持していたとして、東京都新宿区の会社役員、大須賀豊容疑者(59)ら男5人が18日までに、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。
大須賀容疑者は一時、ゲイ向けのレンタルルームを新宿区内で4店舗、千代田区、北区内で各1店舗経営。個室スペースを貸し出していて、ゲイの間では「ドーベルマングループ」として有名だった。
店は40代までの男性のみが入店できるシステムで、24時間の滞在が可能。途中で系列店に移ることもできる。体重60キロ以下や110キロ以上、25歳以下の客が割引になる曜日も設けられていた。

■「媚薬」と称し6750万円を売り上げ
「飲みやすくするため、GHBにかき氷のシロップを混ぜ、10ミリリットルずつ容器に小分けにされていた。それを『媚薬』と称し、店の受付やネットで1本約4000円で販売。2018年以降、少なくとも約6750万円を売り上げていた。クスリを服用して10分ほど経つと、気持ちが高ぶって性欲が増し、恍惚とした表情になり、幻覚があらわれる。この手のクスリとしては異例の筋肉増強作用もあります。『強姦薬』とも言われ、飲むと頭がボーッとして抵抗できなくなり、記憶もあやふやになります。かなり強い薬なので死に至るケースや、過剰投与すると意識障害を起こすこともある」(捜査事情通)
01年に規制される前は筋肉増強用にスポーツクラブなどで販売されていたことから、原料が容易に手に入りやすく、比較的簡単に製造できるという。
「2年前、店内で売買が行われているという情報があった。内偵を続けていたところ、新宿署管内で覚醒剤を所持していた男を逮捕した。男がGHBを持っていたため、問い詰めたら、店から購入したことを吐いた。倉庫として使っていた新宿1丁目のビルの一室をガサ入れし、GHBを含んだ液体約1・3リットルが見つかった」(前出の捜査事情通)
店のHPには「店内では3密にならないようお願いいたします」と到底ムリな「コロナ対策」が明記されていたが、大須賀容疑者らの逮捕を受け、一斉に閉店した。

東京都の話題

クリハラチアキ
あのさマジで店に迷惑かかるからやるなら個人的にやれやって思う、マジで。
違法行為してる時点で論外なんだけどねw

-ディープな話題

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.