ディープな話題 女装事件

高校の男子寮でわいせつ未遂、逮捕された女装YouTuberの「抑えきれない性癖」

高校の男子寮でわいせつ未遂、逮捕された女装YouTuberの「抑えきれない性癖」

https://www.jprime.jp/articles/-/18696?page=3

 

真夜中の公園に若い男性が2人。日焼けして引き締まった体躯の少年が隙を見て逃げ出すと、色白で華奢な男は身体能力的にもう追いつけるはずがなかった。
この華奢な男こそ8月14日に逮捕された無職・森岡優十容疑者。女装写真でもわかるように中性的な雰囲気をまとっているが、本性は卑劣かつ暴力的といえる。
7月25日午前3~5時ごろ、千葉県柏市の流通経済大学付属柏高校のサッカー部男子寮に侵入し、就寝中の部員に刃物のようなものを突きつけて別の空き部屋に移動させて監禁。わいせつな行為を迫ったところ部員に拒絶され目的を遂げられず、さらに近くの公園に連れ出して、わいせつ行為をしようとしたとして県警柏署に逮捕された。

捜査関係者はこう話す。
「寮に忍び込んだ行為は『住居侵入』で、別室に内カギをかけて部員を閉じ込めたのは『逮捕監禁』にあたる。わいせつ行為をしようとしたことは『強制わいせつ未遂』だし、寮の敷地から外に連れ出した行為は『わいせつ目的略取』となる。被害部員と面識はなかったようだ」

執拗に年下の少年をつけ狙った森岡容疑者は、侵入した寮から徒歩10数分のアパートで暮らしていた。1LDKで家賃は月約5万円。
同じアパートの住人は、
「隣近所の付き合いはないので、どんな男かよくわからないんです。でも、そんな悪い人が近くにいたなんて怖い!」と震える。
別の住人は「何回か見かけたような気もするが、ほとんど印象にない」と話す。

女装してTikTokに投稿していた森岡容疑者

実生活では職に就かず、近隣住民とコミュニケーションをとることにも消極的だった森岡容疑者だが、ネットの世界では別の顔を見せていた。
短文投稿サイト『Twitter(ツイッター)』で自由奔放につぶやいている。
《ガチお腹痛い、、たすけてー生理、まじ生理、絶対生理。涙でる》(5月27日、原文ママ=以下同)
《濡れた》(7月23日)
と女性であるかのように言ったと思えば、
《彼女いたことないんだよね~だからエッチ下手くそ》(7月2日)
と男性目線になることも。
一方で、
《目が丸くて、唇が柔らかくて、鼻がちょこんとしてて、髪がふわふわで、いい匂いの子と付き合いたい》(6月21日)などと男女の目線どちらとも取れるつぶやきもある。
性的な話にも積極的で、
《さっきのスムージー嫌いな人のケツに入れたい》(7月5日)
《足立区ブスオカマチャンネルハマってる》(7月2日)
《僕はMな子よりSの子の方が好きだけどSの子にMが喜びそうなことをするのは好き》(7月17日)
などと性癖をあらわに。

《誰か僕の首を絞めてください》と“意味深”なつぶやきをしているのだった。

ツイッターに肉体の写真を掲載する男性が打ち明ける。

「森岡容疑者は『バイセクシャル』という印象でした。私は自分の裸の画像をツイッターでアップしていますが、そのたびにメッセージをもらっていました」

たしかに容疑者のツイッターのフォローを見ると、男性同性愛者だけではなく、女性にも興味を示している。
男性とのSNSのやりとりはあまりに露骨だった
すべての写真を見る

容疑者とSNSでやりとりしていた人物は、

「出会い系アプリで少しやりとりしたことがあります。悪いことをするようには見えなかったですけど、“かまってちゃん”な感じでした。男の子が好きだったんですか!?」

と驚いた。

ほかにも、動画投稿サイト『YouTube(ユーチューブ)』や動画投稿サービス『TikTok(ティックトック)』に投稿し、イケメンっぽく振る舞ったり、女装することも。性的指向はどうであれ、欲望のままに未成年者を傷つけるのは許されない。

東京都の話題

クリハラチアキ
女装する男やなw
ちゃんと更生して社会に出てきてくださいね。

-ディープな話題, 女装事件

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.