女装ニュース速報

「まさかの同族」「それやったわ」 姉に電話するフリをして化粧品を揃える男子のマンガ「女装パンデミック」

「まさかの同族」「それやったわ」 姉に電話するフリをして化粧品を揃える男子のマンガが ...

昏睡状態となっていた2年間で女装が世界的に大流行して、主人公ナナキの男子校も女装男子だらけになっていたというストーリーの『女装パンデミック』が『コミックヴァルキリー』で連載中の品川ミクズさん(@m1kuzu)が、Twitterでマンガ『姉のおつかいで化粧品を買いに来た男の子』を発表。そのまさかの展開にさまざまな反応が集まっています。

「姉貴!化粧品売り場来たけどどれ買うの?」と電話しながら店内を歩く男子。「威勢堂?のファンデ?これかな」「グチブラのグロス……?ああ口紅か。ピュアレッドって何色だよ……」「キャンメイドのマニキュア?うわっ種類多いな、どれ?」といいつつお会計へ。レジの間も「もうこれっきりにしてくれよな。男が化粧品買うの結構ハズいんだぞ」と話し、店員さんの「ありがとうございましたー」の声を背に「うん、じゃあ切るから」と電話を終わらせます。

ここで「よっしゃ成功!『姉と電話するフリして自分用のコスメを買う作戦』!!」と冷や汗をかきながら思う男子。「怪しまれずに買えた……!これでやっと女装できる~!」と楽しみに思っています。が、それを見送る店員さん、「懐かしいな~初心者の頃オレもああやって買ってたな~」とほっこり。女装男子には、その手法バレバレでした!

「“恥ずかしがり屋の男の子が化粧品を初めて買うとしたら、どんな行動と取るかな”と考えてみて真っ先に浮かんだのが今回描いた方法でした」という品川さん。女装の魅力について尋ねると、「初めて女装をしたきっかけや、そこから女装にハマっていく過程、さらに女装をして取る行動などが、人やキャラクターによって全く違ってくるのが魅力だと思っています。女装を題材にした漫画を描く際も、読む際も、主にそういう部分に着目して楽しんでいます」といいます。

「まさかの同族」「貴方もか」といった反応のほかに、「それ妹でやったわ」「参考にしたい」といった声も上がっていたことについて、品川さんは「どちらかというと“もしこんな男の子(女装男子)がいたらかわいくない?”と思って公開したマンガだったので、”やったことある”“あるある”など女装男子から共感の声が多く届き驚きました」とコメントしてくれました。

なお、品川さんの『女装パンデミック』は第1巻が2020年7月31日に刊行されています。「個性的な女装男子たちが毎回新登場するので、気になった方は是非ご覧ください」とのことなので、こちらも要チェックです。

クリハラチアキ
女装漫画普通になってきたな・・・






-女装ニュース速報

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.