女装ニュース速報 女装芸能ニュース

女装ショーで人気「あんみつ姫」福岡・親不孝通りで7カ月ぶり再開

女装ショー"で人気「あんみつ姫」福岡・親不孝通りで7カ月ぶり再開

華やかな“女装”ショーやダンスなどで国内外にファンを持つ「劇団あんみつ姫」(福岡市)が11月1日、同市中央区の親不孝通りにある専用劇場で7カ月ぶりに公演を再開する。新型コロナウイルスの感染対策で、人気だった観客参加型の演出は難しくなったが、「ウィズコロナ」時代に合う工夫を取り入れた。劇団は「厳しい時代にこそ、元気を与える舞台を」と力を込める。

「タイミングが2秒遅い」。26日、専用劇場で劇団員8人が座長のとまと(本名・清武和広)さん(55)らの指導の下、ダンスに汗を流していた。休演期間中も劇場に近い稽古場でレッスンに励んできたが、本番を想定した舞台稽古は久しぶり。「緊張感は高まってきた。あとは面白い舞台をつくるだけ」と、とまとさん。

劇団は、豪華な衣装をまとってのダンス、社会風刺を込めたコントで人気を集める。全国からファンが訪れ、最近は外国人観光客も客席を埋めた。35年間、1日複数回の公演をほぼ毎日続け、年間900~千回の公演をこなした。ロングランが途切れたのは4月1日。感染拡大を防ぐため、自主的に休演した。

再開を前に、チケットの対面販売をやめ、自動販売機を導入するなど、感染防止策に数百万円を費やした。再開時期は、他の劇場や感染拡大の状況を見て決めた。

魅力の一つは、観客がステージに上がったり、出演者とハイタッチをしたりする演出。接触感染を防ぐため“売り”の演出は断念。一方で、観客の頭上の空間を生かしたり、照明を駆使したりと、新たな見どころを生み出した。運営会社の石川鉄也社長は「コロナ禍の不便を逆手に取った創作や演出を見せたい」と意気込む。

客席はステージから最低3・5メートルは離し、席数も3分の1程度の44席まで絞った。収益悪化は避けられない上、外出自粛でインターネットで演劇やライブを楽しむ人も増えている。とまとさんは「劇場に足を運んでこそ感じてもらえることがある。日々の嫌なことやしがらみを忘れられる空間を提供したい」。

チケット購入はネット予約が必要。詳しくは劇団の公式ホームページ=http://okama.com

 

クリハラチアキ
公式サイトがokama.comってワロタわw






-女装ニュース速報, 女装芸能ニュース

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.