女装ニュース速報 女装フラット化

この20年でニューハーフ嬢が10倍に増えたワケ

この20年でニューハーフ嬢が10倍に増えたワケ

畑野とまとさん(ライター/トランスジェンダー活動家)の「セックスワークの世界からみるトランスジェンダーの性」と題する調査報告で、近年の「ニューハーフ風俗」世界の変化を捉えたものだった。

ただ、会場の聴衆の反応は、そこに集まっていたのがセクソロジー(性科学)に関心がある方であるにもかかわらず、「ニューハーフ風俗? それなに?」という感じで、冷淡ではあったが。

今、この文章を読んでくださる多くの方の知識も、似たようなものかもしれない。そこで、まず、用語を簡単に説明しておこう。「ニューハーフ」とは、元男性、あるいは女装した男性であることをセールスポイントにして営業している人の呼称で、1981年に生まれた和製英語(語源は桑田佳祐)である。

その業種は、主に3つに分けられる。ショービジネス(ダンサー)、飲食接客業(ホステス)、そして性的サービス業(セックスワーカー)で、私は「ニューハーフ3業種」と呼んでいるが、「ニューハーフ風俗」は、その3番目に相当する。

ちなみに「セックスワーク」とは、性的サービスを提供してその代価を得ることを「労働」の一種とみなす考え方で、1990年代に日本に入ってきた。

ニューハーフ嬢がこの20年で控えめに見ても10倍に急増した

畑野さんは、インターネット上に見られる「ニューハーフ風俗」の広告を収集し、そこに従事している人の数が関東より北の地域だけで(あまりに多くて西日本まで集計できなかった)、延べ2000人になることを明らかにした。ただ、かなり重複しているので、実数は1600人ほどと推定している。

私は、以前、同種の調査を行い、1999年代段階で、東京都内でセックスワークに従事するニューハーフを90~100人ほどと推定したことがある。この数字は、1952年調査の都内の女装男娼の推定数とほぼ同じだった。

つまり、調査範囲がやや異なるものの、20世紀後半にほとんど増加が見られなかったニューハーフ風俗の従事者が、21世紀に入って急増したことを示している。その増加率は控えめに見て10倍、おそらく10数倍と思われる。

今は竿あり・玉ありのニューハーフ嬢が半数

さらに興味深いデータがある。畑野さんの調査による従事者の身体状況は、性別適合手術済(ペニス&睾丸除去+造膣)が3%、竿あり・玉なし(ペニス有り、睾丸除去、女性ホルモン投与)14%、竿あり・玉あり(ペニス・睾丸あり、女性ホルモン投与)51%、男性のまま(竿・睾丸あり、女性ホルモン投与せず)31%、不明1%となっている。

20世紀末段階のニューハーフ風俗の主流は竿あり・玉なし(有り無し)で、竿あり・玉あり(有り有り)は、それに比べて少なかった。それが大きく逆転している。以前は有り無しにしても有り有りにしても、女性ホルモン投与は必須だった。ところが、現状は、手術はもちろん女性ホルモンも投与していないほぼ男性のままの身体(脱毛はしているかもしれない)の人が31%もいる。

私が知っている20世紀末の状況では、男性のままの身体では、ニューハーフ風俗では使いものにならなかった。せめて、乳房が膨らんでないことには……。

さらに、畑野さんの報告で驚愕したのは、ニューハーフ風俗の広告に、ニューハーフのペニスのサイズ(長さ)が表記されているという話だった。中には「20cm超級」というのも……。あり得ない。いや、あり得ないのはサイズではなく、ペニスのサイズをわざわざ記すことが。

これはいったいどうしたことだろう? 以下、いたってマイナーな世界の話だが、この大きな変化について、私なりの考えを述べてみたい。

「派遣型」へのシフトで多くの嬢が在籍できるように

まず、量的な激増について。これには3つの要因が考えられる。第1は営業形態の変化だ。以前は「店舗型」、つまり店舗を設けてそこにニューハーフ風俗嬢が待機し、店内の個室で性的サービスを行うのが主流だった。ラブホテルなどに出張することはあったが、あくまで店から出張する形だった。

それが2000年代に入ると「派遣型」が主流になっていく。ニューハーフ風俗嬢は盛り場の喫茶店や自宅で待機していて、事務所からの連絡を受けて、顧客の自宅やラブホテルに派遣される。この形態だと、風俗嬢が待機、仕事をするスペース(店舗)が不要になり、連絡拠点の事務所さえあればいいことになる(しかも、盛り場にかまえる必要もなくなる)。そして、ネット上にサイトを設けて広報すればいいことになった。

場所の制約がなくなったことで、事業者はより多くの風俗嬢と契約を結び「在籍」させることが可能になった。中には稼働率が悪い人がいたとしても、ネット上のスペースは無限に近いので障りにはならない。逆に「売れっ子」なら同系列のサイトに重複して載せることも可能だ(その場合、実際には巡回営業になる)。

第2は、インターネット、さらにSNSの発達である。これによって、個人、それに近い小グループでの営業が容易になった。以前は、店に赴き、店長と面接して、採用されなければ営業ができなかったが、今ではその気にさえなれば、翌日にでも個人営業を始めることができる。ニューハーフ風俗業界への参入の障壁が大幅に下がり、参入する人が増えた。

半数近くの嬢が客のアナルに挿入することができる?

ただ、「逆アナル」と呼ばれる、客が受動側、ニューハーフ風俗嬢が能動側というサービス形態もあった。しかし、あるにはあったが主流ではなかった。

なぜなら、睾丸を除去して男性ホルモンの供給を絶ったり、女性ホルモン投与でホルモンバランスを女性に傾斜させているニューハーフ風俗嬢の多くは、「逆アナル」をするだけのペニスの勃起硬度・持続時間を保つのが難しかったからだ。たとえ、身体的には可能でも、より「女らしく」ありたいニューハーフの心理から、能動の役割に立つことに抵抗感を覚える人も多かった。

ところが、畑野さんの調査によると、睾丸除去や女性ホルモン投与をしていないニューハーフ風俗嬢が全体の31%もいる。この人たちは身体的には若い男性そのままだから能動側になることに問題はないだろう。

さらに、51%いる竿あり・玉あり・女性ホルモン投与の人たちの中にも、女性ホルモンの投与量を控えめにして、能動側が可能な人がそれなりにいるはずだ。おそらく、現状は、全体の50%近いニューハーフ風俗嬢が「逆アナル」可能と推測され、さらには「逆アナル」専門の「男らしい」ニューハーフ風俗嬢もかなりの数いると思われる。

嬢のペニスサイズは選択指名の重要なポイント

こうした変化がなぜ起こったかといえば、それは男性客の需要に応じてだろう。「逆アナル」をしてほしい、受動の側になりたい、さらに言えば、ニューハーフに犯されたい男性客が増えたということだ。そうした男性客にとっては、ニューハーフ嬢の立派なペニスサイズはおおいに魅力であり、選択指名の重要なポイントになるだろう。

男性のセクシュアル・ファンタジー(性幻想)はきわめて多彩・多様だから、ペニスのある「女性」に犯されたいファンタジーを持つ男性は昔からいた。しかし、かなりマイナーな存在だった。それが、2000年代になってなぜ増えたのか? 正直言って、私にはわからない。「男らしさ」に縛られず自己の欲求に素直になれるようになったのなら、それは悪いことではないと思うが。

ただ、そうした男性客の需要に応じる形で、ペニスのサイズを誇る「男らしい」ニューハーフ風俗嬢が増えていることについては、伝統的な女装男娼の研究をしてきた者として、「女らしく」あろうした先人たちの苦心と努力を知るだけに、いささか微妙な気持ちになる。

クリハラチアキ
たしかにニューハーフヘルス在籍する人増えたよね。
20代だけじゃなく30代の趣味女装子さんも在籍する時代になってきてる。
40代の人もいるしね。

-女装ニュース速報, 女装フラット化

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.