LGBT

女性と結婚後に適合手術をした戸籍上男性のMtfの女性への性別変更申し立て却下

投稿日:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000000-kyt-soci

女性と結婚後に適合手術、性別変更申し立て却下 京都家裁

女性との結婚後に性同一性障害と診断され、女性への性別適合手術を受けた京都市内の50代の会社経営者が、戸籍上の性別を女性に変更するよう求めた審判で、京都家裁は29日までに、申し立てを却下した。
性同一性障害特例法では、性同一性障害と診断された場合、戸籍の性別変更が可能だが、結婚していないことなどが要件となっている。家裁は「同法の要件を満たさない」などとして申し立てを却下した。申立人によると、却下を不服として大阪高裁に即時抗告したという。

京都府の話題

クリハラチアキ
性別変更の要件に「婚姻していない」があるからなんだろうね。
この裁判をきっかけに、その条件が緩和、あるいは一部条件付き緩和の流れになるかどうかだな・・・

というか、そもそももう結婚制度自体がずっとアップデートされてないから、
結婚制度もそろそろアップデートすればいいと思うんだけどなぁ。

【トランス 性転換】性別適合手術=SRSを受けるべきかの判断基準・デメリットやリスク。

 




-LGBT

Copyright© JSN24-女装トランスジェンダーニュース , 2019 All Rights Reserved.