LGBT

LGBTQの割合「13人に1人」ではなかった。「3%」と”下方修正”

投稿日:

LGBTQの割合「13人に1人」ではなかった。「3%」と”下方修正”

性の多様性を祝福する祭典「東京レインボープライド」(4月28・29日)が開催中だ。これに先立ち、LGBTQをはじめとする性的マイノリティーに該当するのは3%程度だという調査結果(速報)が発表された。
これまでLGBTQは「13人に1人」とも言われてきたが、信頼性の高い調査で数字が下方修正されたかたちだ。どう受け止めればいいのか。
LGBTAは3.3%、異性愛者は83.2%
「国立社会保障・人口問題研究所」の研究グループが大阪市の協力を得て行った調査。今年1月、無作為に抽出した大阪市内の18歳から59歳、1万5000人にアンケートを送り、4285人から回答があった(有効回収率28.6%)。
調査では性自認や性的指向(性愛感情を抱く相手の性別)を質問。
性的指向では「異性愛者」「同性愛者(ゲイ・レズビアン)」「両性愛者(バイセクシュアル)」のほかに、誰に対しても性愛感情を抱かない「無性愛者(アセクシュアル)」と「決めなくない・決めていない」「質問の意味がわからない」という選択肢も設けた。
この結果、「ゲイ・レズビアン・同性愛者」は0.7%、「バイセクシュアル・両性愛者」は1.4%、「アセクシュアル・無性愛者」と回答したのは0.8%だった。「異性愛者」は83.2%で、「決めたくない・決めていない」も5.2%に上った。
性自認についての質問では、0.7%が「トランスジェンダー」に該当。
「ゲイ・レズビアン」「バイセクシュアル」[トランスジェンダー]に当てはまる人は2.7%で、「アセクシュアル」を含めると3.3%となった。
さらに、性別に違和感がある人に配慮した「申請書類などの性別記載欄の見直し」や「パートナーシップを証明する制度」への取り組みに賛同する人は9割近くに達した。

東京都の話題

クリハラチアキ
まぁそんなもんでしょ。
っていうか、この3%が正しいとも限らんしな。
こんなパーセントとかぶっちゃけどうでもいいんだよなぁ。
LGBTのうち問題が多いのはTなんだから。
それが実効的にいろいろと解決できりゃそれでいい。
制服、働き方、性別変更・・・
このあたりが変わればいいんじゃないか?




-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2019 All Rights Reserved.