LGBT

【インドネシア差別根強い】トランス女性がガソリンをかけられ殺害される→犯人に「殺人罪」ではなく「暴行罪」適用

ジャカルタ「LGBT焼殺事件」が示す深い闇
インドネシアで不幸な事件が起きた。女性がガソリンをかけられた上に火を放たれ死亡するという悲惨な「殺人事件」だ。犠牲となったのは性的少数者(LGBT)のトランスジェンダーの女性なのだが、事件に関わった容疑者の逮捕に際し、警察が適用したのは「殺人罪」ではなく「加重暴行罪」だったことが波紋を呼んでいる。
当然ながらこの警察の措置に、人権団体や性的少数者保護組織からは「殺意に基づく卑劣な殺人だ」として、一斉に批判の声が上がっているのだ。
約2億6000万人という世界第4位の人口を擁するインドネシアは、うち約88%がイスラム教徒ということで、世界中で最も多くイスラム教徒を擁する国家でもある。ただ、そのイスラム教信者の中で強硬派、急進派と呼ばれる人々を中心に「LGBTは病気である」「イスラム教はLGBTを容認しない」との差別意識が強く根付いており、社会のあらゆる場面でLGBTに対する差別、迫害、人権侵害がいまだに続いている。多様な民族、言語、宗教を包括する同国は、「多様性の中の統一」や「寛容性」を国是として掲げているのだが、多数を占めるイスラム強硬派の価値観が近年、極めて強くなりはじめ、様々な摩擦を生んでいるのだ。

クリハラチアキ
ひどすぎる…。






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.