LGBT

自分のスタイルを自由に選べる「ジェンダーレス制服」を採用する学校が増加

自分のスタイルを自由に選べる「ジェンダーレス制服」を採用する学校が増加

大切なのは「どれを選んでも大丈夫」という気持ち。今、「ジェンダーレス制服」採用校が増加傾向にある。

そこでトンボは教育現場でも関心が高まる「LGBT」への対応として採用が増加する「ジェンダーレス制服」や、信州大学と共同で開発した学生の動作に寄り添った「ジャージみたいな制服」など、今後スタンダードな制服として、増えそうな制服を紹介した。

自分のスタイルを自由に選べる「ジェンダーレス制服」を採用する学校が増加
2020.09.02 ライフスタイル

大切なのは「どれを選んでも大丈夫」という気持ち。今、「ジェンダーレス制服」採用校が増加傾向にある。

そこでトンボは教育現場でも関心が高まる「LGBT」への対応として採用が増加する「ジェンダーレス制服」や、信州大学と共同で開発した学生の動作に寄り添った「ジャージみたいな制服」など、今後スタンダードな制服として、増えそうな制服を紹介した。
誰もが自由に選べる「ジェンダーレス制服」とは?

① 性に対する多様性

生徒や親の認知も高まりつつあり、LGBTの生徒にも対応したジェンダーレス制服は好評だ。性差のない「ブルゾン風ジャケット」タイプなど、ユニセックスなアイテムも、今後、新たな選択肢に。

② 機能に対する多様性

信州大学と共同開発。動きやすく負荷の少ない「ジャージみたいな制服」。

ストレッチ素材とこだわりの仕様、パターン設計で、「動きやすく」「軽く」「しわになりにくい」家庭の洗濯機でも洗えるジャケットを開発。発売開始から1年間で28校が採用。

① 性に対する多様性

教育現場でもますます関心が高まる「LGBT」への対応。トンボ学生服では、誰もが多様性を認め、安心して学校生活を過ごすことができるよう、性の多様性への対する取り組みとして、LGBTアドバイザーや当事者へのアンケートなどをもとに、性差で悩むことなく、誰もが自由に選べる「ジェンダーレス制服」を開発するとともに、教育現場での「LGBT」への理解を深めてるための活動を推進している。

【LGBT】Lesbian、Gay、Bisexual、Transgenderの頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつ。LBGT以外にも多様なセクシャリティが存在する。

・FtM:生物学的には女性、性自認は男性

・MtF:生物学的には男性、性自認は女性

・Xジェンダー:男女の枠にとらわれない性の人。 中性又は性別を決めたくない人
求められているのは「性差を意識しなくていい」制服

「トランスジェンダーのための制服」ではなく、一人ひとりが「自分にあったものを選べる」。大切なのは「どれを選んでも大丈夫」という環境作りなのだ。

「スラックスを選ぶ」=トランスジェンダーではなく、スカートが嫌いな人、足にコンプレックスがある人、寒いのが苦手な人、パンツスタイルが好きな人など、その理由は様々だ。

誰もが「自分の気持ちに合ったスタイルを自由に選べる」「どれを選んでも大丈夫」という環境づくりが大切であり、トンボは、生徒・保護者・先生方に向け、様々な活動を通じて、LGBTや多様な性に関する理解を深める環境作りを手伝いをしている。

クリハラチアキ
制服をやめよう!とはならないところが、もう・・・ねw






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.