LGBT

【福岡】篠栗中学校、制服選択制採用。 

投稿日:

篠栗中学校、制服選択制採用。スラックスの女子も

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/501683/

令和元年は新制服元年に-。篠栗中(篠栗町)は本年度から選択制の制服を採用した。上着は詰め襟かブレザータイプ、下はスカートかスラックスが選べる。新入生は218人で、女子生徒9人がスラックスを選んだ。10日は入学式があり、新1年生たちは真新しい制服姿で門出を迎えた。
従来の制服は60年以上もデザイン変更がないまま。特に女子の夏服はジャンパースカートで暑いと不評だった。このため機能性やデザインを高めようと地区住民やPTA役員、教職員で昨年、検討委員会が発足。メーカーの提案なども受けて選択制を決定した。
詰め襟とブレザータイプの上着は冬服で、ブレザーの場合はネクタイかリボンの選択ができる。夏服は白のポロシャツタイプで、裾はスラックスやスカートから出して着る。洗濯しやすかったり、伸縮性のある素材を使ったり、夜間の視認性が高まる反射材が縫い付けてあったりと、機能性も高まった。
スラックスを選んだ加留部華子さん(12)は、ずっとスカートが好きじゃなかった。小学校は私服だったので問題なかったが、制服がある中学校はどうしようと心配していたという。「新制服は着心地も良い。スラックスを選べて良かった」とうれしそうだ。
スカートを選んだ青柳咲良さん(12)は「リボンがかわいい」と新制服がお気に入り。「(選択制がなければ)嫌な服を着て3年間も我慢しなければならないなんて、許せない」と選択制を評価した。詰め襟姿の岩崎凛大さん(12)も「好きな服を着るのが当たり前。どの制服もかっこいい」と話していた。
篠栗中OBの今長谷寛校長(59)は「多様性の時代に合った制服を後輩たちにプレゼントでき、本当にうれしい」。入学式では新入生たちに「一人一人が花を咲かせる、という意味が込められた令和という新しい時代にふさわしい制服ができた。その制服が似合う人に成長してほしい」と励ましの言葉を掛けた。
県教育委員会によると本年度、少なくとも筑紫野市、志免、須恵、岡垣、篠栗町の中学校5校が新制服を導入。今後さらに増えていくことが予想される。
=2019/04/11付 西日本新聞朝刊=

福岡県の話題

クリハラチアキ
・・・・まーた女子だけだ。
いいんだけどさ、同じコストじゃん?普通に男子も同時解放すりゃいいと思うんだけど・・・
「学校的に男子のスカートもOKですよ」って宣言するだけじゃん。
その宣言だけで全然違うんだけど・・・
本当に多様性ってわかっててつかってんのか?






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2019 All Rights Reserved.