LGBT

競技では「女性」を選択 葛藤抱きつつ「声を上げ、社会が変わるきっかけに」 棒高跳びの佐藤湊さん

競技では「女性」を選択 葛藤抱きつつ「声を上げ、社会が変わるきっかけに」 棒高跳びの佐藤湊さん
マットに飛び込んだ時の衝撃で壊れないよう、補聴器は外す。リズムよく刻む助走の足音は、自分には聞こえない。長さ4メートルのグラスファイバー製の棒をマット手前のボックスに突き立て、一瞬、宙を舞う。はじかれるように体をしならせ、足先からバーの向こうへ。
聴覚障害がある棒高跳び選手、佐藤湊(そう)さん(24)は戸籍上は女性だが、トランスジェンダーを公表して競技に打ち込んでいる。パラリンピックに聴覚障害の枠はなく、目標は2021年に開かれる聴覚障害者の国際大会「デフリンピック」での金メダルだ。

クリハラチアキ
トランスジェンダースポーツ問題も2020年は何らかの解決策が提示されると思われ。






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.