LGBT

性同一性障害、化粧で乗務禁止「不当」 「偏見で排除、許されぬ」訴え

性同一性障害、化粧で乗務禁止「不当」 「偏見で排除、許されぬ」訴え

性同一性障害と診断されたタクシー運転手の就労環境を巡り、大阪地裁は女性乗務員と同様、「自然かつ当然の欲求」として化粧を認める必要性を指摘した。運転手は「化粧は生きる幸せだ」と地裁の決定を当然だと受け止めるが、当事者が職場での無理解に困るケースは少なくない。職場での配慮を促す司法判断を受け、専門家からは「他の当事者を勇気づける」と評価する声が上がっている。

運転手は小学校の低学年の頃から、自らの性別に違和感があり、「間違って生まれてきた」と悩んだ。女性を見て、「化粧した姿に憧れた」という。

クリハラチアキ
素晴らしい!!!!!!
性別とか関係なく化粧したければすりゃいいししたくなければしなくていい。
女性の化粧義務も廃止すべき、同時に






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.