LGBT 女装トランスにも関係のあるNEWS

トランスジェンダー<として葛藤する彼とその彼女、二人に視点置いた映画『フタリノセカイ』公開 ...

トランスジェンダーとして葛藤する彼とその彼女、二人に視点置いた映画『フタリノセカイ』公開 ...

トランスジェンダーとして葛藤する彼とその彼女の二人に視点を置いた映画『フタリノセカイ』がこのたび完成し、2022 年 1 月 14 日(金)新宿シネマカリテほか全国順次公開が決定しました。

出会った時から互いに惹かれあった、トランスジェンダーの真也とユイ。恋愛し、いずれ結婚して家族をつくり、共に人生を歩んでいきたいという願い。だが、その願いを叶えるには、ひとつひとつクリアしなくてはならない現実があった。時にすれ違い、別々の道を歩むが再び出会ったフタリ。愛を確かめあい、ある決断をする。それはもしかすると常識を越えているのかもしれない。だが、安らぎに満ちたフタリには、確かに感じる未来があった・・・。

監督・脚本を務めたのは、飯塚花笑(いいづか かしょう)。自身もトランスジェンダー(女性から男性に移行)の彼は、ぴあフィルムフェスティバル PFF アワード 2011 において自伝的作品『僕らの未来』で審査員特別賞を受賞、国内外で高い評価を受けた。以降は、彼だからこそ描き出せる世界観で映画制作を続けている。

ユイを演じるのは、片山友希(『茜色に焼かれる』、日テレ「ボイスⅡ」など)。ユイは、トランスジェンダーの彼に対し様々な葛藤に揺れつつも、一緒に生き、支えていくことを選択する。また、真也を演じるのは、坂東龍汰(『弱虫ペダル』『スパイの妻』など)。真也は、子どもの頃から違和感に感じていた自身の性に対し、向き合い、自分らしく生きていこうとしている。

「性別を超え、常識を越え、時を越えた、新しい映画を作ろう。そしてどんな形にも囚われることのない、“愛”を描き出そうと思う」という飯塚監督。本作では、《ジェンダーの壁に悩むフタリ》が描かれているが、《これから家族をつくろうとするフタリ》や《子どもが出来ずに悩むフタリ》など、いろんな事情を抱えたカップルたちにも観てほしい作品だ。

 

クリハラチアキ
面白そう。何かヒントになることがあるかもね!






-LGBT, 女装トランスにも関係のあるNEWS

Copyright© 女装ニュース24 , 2021 All Rights Reserved.