LGBT

強いつながりを重視する「デミセクシャル」とは?

「もしかしてデミセクシャルかも」と思ったら…特徴3つで簡単診断
デミセクシャルは強い繋がりを重視するため、そういった相手にしか恋愛感情や性欲を持ちません。具体的にはどういう状況か、少し分かりにくいですよね。
そこで、fumumu取材班はデミセクシャルに言われている特徴を当事者たちに聞いてみました。

①よく知っている人しか好きにならない
「デミセクシャルはひとめ惚れはあり得ないし、特別な感情を持っている人に対してしか好きになれないんです。だから、よく知っている相手で、強い友情や憧れ、愛情などがないと恋愛感情を持てません。
繋がりが大事だからこそ、特別な人としか、特別な関係になりたくないんですよね。そういう意味では、よく知っている人しか好きになれないと言えると思います」(20代・男性)

②親友を好きになってしまう
「自分が深い関係性のある相手だと思っている人に、恋愛感情や性欲を持ってしまうので…。親友を気付いたら好きになっているっていうことがありますね。
親友は何も、異性の人だけではなくて…。同性も好きになるし、トランスジェンダーみたいな人たちも好きになります。好きになるのに性別は関係ないですね。
ずっと友だちとして過ごしてきたから、戸惑いがあることも多いですし、なかなか恋愛感情に代わってることに気づけないんですけれどね」(20代・女性)

③「後から好きになればいい」が通用する
「自分がデミセクシャルっていうのに気づかなかったんですよね。なかなか人を好きになれないから、告白されて付き合うことが多かったです。
基本的には、なかなか相手と自分の気持ちの大きさが違いすぎてうまく行かないんですけれど…。相手に好感を持てて、長く付き合っていけると、気づいたら好きになっています。デミセクシャルは、強い愛情とかでも、恋愛感情や性欲が湧くらしいです。だから、後から恋愛的に好きになれることがあります」(20代・女性)
恋愛対象や性欲対象がかなり限定されていますよね。内輪とばかり恋愛している人は、少し疑ってみても良いかも…。

クリハラチアキ
また造語が増えた…。
まぁ、いいんだけど。






-LGBT

Copyright© 女装ニュース24 , 2021 All Rights Reserved.