LGBT

カルバン・クラインの黒人トランスジェンダーモデル、LGBTQ+の人へ希望を

カルバン・クラインの黒人トランスジェンダーモデル、LGBTQ+の人へ希望を
ファッションブランドのカルバン クライン(Calvin Klein)が、下着部門の広告塔にジャリ・ジョーンズという黒人トランスジェンダーを起用した。(フロントロウ編集部)
カルバン クラインがプライド・キャンペーンを実施
これまでベラ・ハディッドやケンダル・ジェンナーといった人気モデルから、ジャスティン・ビーバーやビリー・アイリッシュといったアーティストまで、多くのセレブを広告塔として起用してきたカルバン クライン(Calvin Klein)が、プライド・キャンペーンとして、9人のLGBTQ+モデルを起用。
そのなかには、セレーナ・ゴメスがプロデューサーを務めるドラマ『13』の理由でライアンを演じたトミー・ドーフマやブラジルのドラァグクイーンであるパブロ・ヴィッター、ユーチューバーのチェラ・マンなどがいたけれど、最も注目されたのは、黒人トランスジェンダーのジャリ・ジョーンズ。
じつは彼女は、モデル、女優としての顔を持っているほか、黒人のトランスジェンダー女性として初めてカンヌ国際映画祭に作品を出品した人としても知られている。そんなジャリの姿は、ニューヨークの街中に掲げられたカルバン クラインの巨大広告にも使用されており、街行く人たちの注目の的に。

 

クリハラチアキ
ええ感じ!






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.