LGBT

プーチン大統領 反同性愛プロパガンダ法についてコメント

プーチン大統領 反同性愛プロパガンダ法についてコメント
プーチン大統領は米国の映画監督オリバー・ストーン氏との対談で、未成年に対する同性愛の宣伝活動を禁止したロシアの反同性愛プロパガンダ法についてコメントした。

中国による検閲下の『ボヘミアン・ラプソディ』 フレディは同性愛をやめたのか
ロシアでは未成年に対する同性愛の宣伝を禁止する法律が2013年に成立した。この法律についてプーチン大統領は、児童がどちらの性別で将来の人生を生きるのか、どのような生き方を選ぶのか、成人した状態で選択できるようにさせるためのものと説明した。成人後に性別を変える点に関して「制限するものは何もない」とした。
それに対し、米国のオリバー・ストーン監督はSNS上の性をめぐる議論について言及し、「私はトランスジェンダーだとか、いや私はシスジェンダーだとか、そういった発言が飛び交うばかりで、実態がつかめない」と発言し、ロシアの反同性愛プロパガンダ法に一定の理解を示した。

クリハラチアキ
わからなくはない。
でも、性別違和は幼少期からあるので、
そういった子供たちは排斥され、人生を制限されることになる。






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.