LGBT

性的少数者、医療対応進まず 手術時の同意に同性パートナー「家族」認定、病院の3割

性的少数者、医療対応進まず 手術時の同意に同性パートナー 「家族」認定、病院の3割
医療機関で、LGBTなどの性的少数者が不利益を被っている。石川県立看護大の三部倫子(さんべみちこ)講師(家族社会学)の病院側へのアンケートでは、病院の3割しか手術同意の際に同性パートナーを家族として扱っていなかったり、トランスジェンダーの患者への配慮が不十分だったりする実態が浮かんだ。厚生労働省の指針や通知も現場に浸透しておらず、当事者たちは「平等に医療を受けたい」と訴える。

クリハラチアキ
ホルモンしてたら保険適用外とか、戸籍上家族じゃないと手術できないとか。
まだまだ実態に即してないけど、こういうのもドンドン変わっていく!






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.