LGBT

「ミス地下鉄」にトランス女性 「オオカミを地下鉄に解き放つ」

投稿日:

「ミス地下鉄」にトランスの女性 「オオカミを地下鉄に解き放つ」
今年の「ミス地下鉄」コンテストが3日に開催され、ブルックリン区出身の映像作家、ディラン・グリーンバーグさん(22)が優勝した。グリーンバーグさんはトランスジェンダーの女性。ニューヨークタイムズが8日、報じた。
同コンテストは、交通啓蒙団体のライダースアライアンスとニューヨーク市に関連するコレクターズアイテムを展示するシティーレリクアリー博物館が2年前に復活させた。1976年まで35年間続いた美人コンテストとは異なり、性別に関係なく参加できる。競うのは地下鉄をテーマにしたパフォーマンス。創造性と地下鉄に対する情熱が審査対象だ。
グリーンバーグさんは自身のバンド、「セオフォビア(神恐怖症)」を引き連れ、ヒョウ柄のクロップトップとローカットのレザーパンツという出で立ちで登場。トロール人形で飾られた冠を、製作したアーティストのジェニファー・ミラーさんから贈られた。ミス地下鉄として何をしたいかとの問いに、「狂犬病にかかったオオカミを地下鉄に解き放つわ」と答えた。
美人コンテストで「最も親切で一緒にいて楽しかった人」として選ばれる「ミス・コンジニアリティー」には、「バッグを座席に置いている人を見かけたら、そっと近寄り、『エクスキューズミー』と言ってバッグを床に置く」パフォーマンスを披露した、ブルックリン区出身のプログラマー、トレーシー・カッピエロさん(37)が選ばれた。

クリハラチアキ
ミス~という女性の魅力コンテストにトランス女性が普通に対象になっているのが素晴らしい。
20年前じゃ考えられなかった。いや10年前でも。時代は進む!






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2019 All Rights Reserved.