LGBT

「男として生きるのはもう限界」東日本震災を機に、踏み出したMtF

投稿日:

ここに文字

https://www.asahi.com/articles/ASM292QN5M29UJUB008.html
ふるさとの町並みが黒い津波にのみ込まれてゆく。高台に避難した住民は立ち尽くしたまま、見つめるしかなかった。8年前のあの日、その中に「にゃおさん」もいた。男性として違和感を抱えながら生きてきた半生が、津波で消し去られたと感じた。「震災がなければ今の自分はない」
特集:3.11 震災・復興
 27歳。ネットでは「にゃおさん」と名乗る。
 思春期に声変わりし、身長がぐっと伸びた。体は男らしくなったが、好意を寄せる相手は女性ではなく男性だった。そんな自分が嫌で、一人称はわざと男っぽく「俺」と呼んだ。

宮城県の話題

クリハラチアキ
人はどれだけネガティブなことでも、それをどうとらえるのかで人生を変えられるのだなぁ・・・。
不平等で不条理なこの世で、持っているカードをどう生かすのか。
嘆くだけで行動せずに終わるのか。
マインドはほんの少しの違いだけど、その結果の差は天地の差になって現れる。




-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2019 All Rights Reserved.