LGBT

シャーリーズ・セロン、トランスジェンダーの娘を「”彼”と呼ばれるのがつらい」

シャーリーズ・セロン、トランスジェンダーの娘を「”彼”と呼ばれるのがつらい」
人の子どもを養子に迎えているシャーリーズ・セロン。今年4月に現在7歳の長女ジャクソンがトランスジェンダーだと明かしたけれど、最近のインタビューで娘のためにあることを求めている。
「娘のストーリーは彼女のものだから、話そうと思ったときに彼女が自分で話すと思うわ」とシャーリーズ。娘のジェンダーについては、シャーリーズが説明するべきことではないと前置きした上で、「私にとって大切なのは、彼女に対して正しい代名詞を使ってほしいと世界中に伝えることだと思っている」。生まれたときの生物学的な性別からジャクソンを今でも男の子として扱い、「彼」という人が多いことがつらいそう。
シャーリーズ・セロン、トランスジェンダーの娘を「”彼”と呼ばれるのがつらい」

「彼女が大きくなるにつれて、彼女を間違った代名詞で書く人がいるのがますますつらく感じられる」「そのことで彼女も苦しんでいるの。私は子どもを苦しめる母親になりたくないし、だから私はジャクソンについて話したのよ」とトランスジェンダーであることについて告白した理由も明かした。「それ以来、このことについては話していない。それはとてもプライベートなことで彼女の物語だから。だからみんなとシェアするかどうかは彼女が決めることよ」とも。
シャーリーズ・セロン、トランスジェンダーの娘を「”彼”と呼ばれるのがつらい」

もう1人の娘オーガストは現在4歳。シャーリーズは「2人ともまだセクシュアリティやジェンダーについて話すにはちょっと早いけれど、彼女たちが”結婚するの”と言ったときは必ず”男の子と? 女の子と? どんな結婚をするの?”って聞いて、話し合うの。子どもたちにはこれを普通の質問だと思ってほしい」「オーガストは5回結婚して、そのうち3回は男の子、2回は女の子とだって言っている。彼女のそういう自由な考え方が好きよ」。
セクシュアリティやジェンダーをめぐる考え方はどんどん変化している。シャーリーズのように「男の子と結婚するの? それとも女の子と?」と普通のこととして尋ねあう日も遠くないかも。

クリハラチアキ
こういう時こそ「単数形のthey」の登場だ。
Charlize loves their child named Jackson.
They have grown healthily.






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2021 All Rights Reserved.