LGBT

性別変更した女性、上司に「暴露」され提訴…同僚の発言で自殺図る

性別変更した女性、上司に「暴露」され提訴…同僚の発言で自殺図る
性別を男性から女性に変えたことを、同意していないのに職場で上司に公表され、精神的苦痛を受けたとして、看護助手の女性(48)が30日、勤務先の病院を運営する大阪府吹田市の医療法人に慰謝料など約1200万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。
訴状によると、女性は性同一性障害で、2004年に戸籍上の性別を変更。13年10月、吹田市内の病院で看護助手として働き始めた。
約2週間後、女性の看護部長に、男性だったことを同僚に公表するよう求められて、女性は「必要ない」と反論したが、同僚ら約10人の前で告げられた。その後、同僚や上司から「同じ更衣室を使うのは気持ち悪い」「体を見せて」と言われるなどし、心労から自殺を図ったという。
女性側は看護部長の行為について、性自認を第三者が勝手に公表する「アウティング(暴露)」にあたるとし、同僚らの発言も含め、「被告は従業員への適切な指導・教育を怠った」と主張している。
医療法人は代理人弁護士を通じ、「訴状の内容を確認し、誠実かつ適切に対応したい」とコメントした。

クリハラチアキ
この女性の上司クソやな。
今まで公開せずとも何も支障なかったのに「公表すべき」って
意味不明。あと元男性だからって今まで「女性だと思ってた事実」を無視して
「気持ち悪い」とかいう人間もアホすぎる。






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.