LGBT

性転換手術を受けた医師が不当解雇 物乞い生活を経て女性医師として再出発

性転換手術を受けた医師が不当解雇 物乞い生活を経て女性医師として再出発

一生懸命に勉強し、医師になる夢を叶えたある人物。それに続き「女性として生きたい」という希望も叶えたが、待ち受けていた運命があまりにも過酷だったことを、『THE TIMES OF INDIA』などが伝えている。

■優秀な成績で卒業

インドのマドゥライにある医科大学で勉強していたある学生が、2018年にとても優秀な成績で卒業し、医師として働き始めた。

同医師は、男性として生まれたものの自身の性に違和感を覚え、深く苦悩するように。それでも男性として生き卒業後も男性として働いていたが、仕事を始めて1年後には、性転換手術に踏み切る決意を固めた。

関連記事:直腸から生魚丸1匹を摘出された男性 「座ったら入ってきた」と主張するが…
■性転換手術を受け女性に

ついに念願の性転換手術を受けた医師は、女性としての暮らしを開始。医師免許証の記載内容などを書き換える必要があったというが、病院側はその手続き完了を待つことなく、解雇を言い渡した。

同医師には家族もいるが、「女性として生きたいの」「だから性転換手術を受けたわ」と宣言した直後に、勘当されてしまったという。収入源、そして頼りにしていた家族も失った医師はお金に困り、路上で物乞いをするようになった。

■通報され訪れた転機

性転換手術を機に全てを失った医師は、同じくトランスジェンダーとして生きる仲間たちと行動を共にするように。そろって物乞いをしていたところ近隣の住民に怪しまれ、ついには通報されてしまった。

物乞い集団から早速事情を聴いた警察は、なかでも同医師の話を聞き愕然。経歴に関する書類を確認した上で出身校にも連絡を入れ、医師の話に嘘がないことを確認した。

■女性医師として生きる道

当局と出身大学の恩師らは、同医師が再び医療現場で働けるよう手配することを決定。さっそく聴診器や白衣なども準備し、手渡したという。

まだ書類の書き換えなどすべきことは残っているが、それが済みしだい、今度は女性医師として人の命を救う仕事に没頭できる見通しだ。

女性として生きていきたい。その願いをようやく叶えて喜んだものの、まさかの解雇処分、家族との絶縁、さらには物乞い生活を経験したこの医師。家族との関係修復はまだ伝えられていないが、少なくともどん底の暮らしからは抜け出せたようだ。

・合わせて読みたい→10歳女児が強姦され妊娠 裁判所が認めた中絶手術に批判の声も

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

クリハラチアキ
すごい人生






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2021 All Rights Reserved.