LGBT

性転換女性に5万ドル セクハラ不動産業者に支払い命令

性転換女性に5万ドル セクハラ不動産業者に支払い命令
ニューヨーク市人権委員会はこのほど、部屋を探していたトランスジェンダー(性転換)の女性に性的嫌がらせをしたとして、不動産仲介業者に5万ドル(約526万円)の損害賠償を支払うことを命じた。ゴッサミストが10日、報じた。
同性愛者の支援団体「ゲイ・メンズ・ヘルス・クライシス・センター(GMHC)」のカウンセラー、ギアナ・デザイアさんは、性別適合治療を開始した2年後の2015年、当時の家主から賃貸契約の更新を拒否された。転居先を探すためにブルックリン区を拠点にする不動産業者、エンパイア・ステート・リアルティ・マネージメントのヘンリ―・ウォルターさんと会った。電話では愛想が良かったウォルターさんだが、デザイアさんが性転換した女性だと知ると、「子どもがいる世帯の近くの部屋は貸せない」と言い、地下の部屋を勧めた。また、デザイアさんの性転換治療や性生活、性器について、ひわいな言葉を浴びせた。ウォルターさんは、デザイアさんが客であることを隠していたという。
デザイアさんは16年、ブルックリン区人権相談所の協力を得て、ウォルターさんとエンパイア・ステート・リアルティ・マネージメントを相手取り人権委員会に提訴。同委員会は、ウォルターさんと同社に損害賠償金の他に罰金として2万5000ドルの支払いを命じた。
人権委員会は声明で「社会は、性転換者や性同一障害の人を差別し、差別を容認してきた。今回の判断が先例になることを期待する」と歓迎した。

クリハラチアキ
「トランスジェンダーだったら卑猥なことを浴びせてもOK」
っていう危険な一般化前提持ってる人がいまだにいるけど、
「人間関係もない間柄でいきなり下ネタ投下するなんて行儀が悪すぎる」
一般規範だぞこんなもん。






-LGBT

Copyright© 女装トランスジェンダーニュース-JSN24- , 2020 All Rights Reserved.