LGBT

“戸籍上の性別は男性 性自認は女性” トイレ利用でトラブル

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211210/k10013382491000.html

大阪の商業施設で戸籍上の性別は男性で性自認は女性の客が女性用トイレに入り警察に通報されるトラブルがありました。専門家はどうすれば多様な性を認めながら共に生きていけるか考えていく必要があると指摘していて、警察は刑事事件として扱うべきか慎重に検討しています。

捜査関係者によりますとことし5月、大阪市内の商業施設で戸籍上の性別は男性で性自認は女性の40代の利用客が女性用トイレに入り、施設から警察に通報されるトラブルがありました。

警察が事情を聞いたところ「子どものころから女性用のものが好きで、自分は女性だと自覚している。戸籍上は男性なのでだめだとわかっていたが女性として女性用トイレを使った」と話したということです。

この利用客は職場では男性として働いているということですが、休みの日には女性の服を着て外出していたということです。

その後の捜査でも心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることが確認されたということで、警察は刑事事件として扱うべきかどうか慎重に検討しています。

商業施設にはほかの客から「週末のたびに女性の服を着た男性がトイレを使っていて怖くて利用できない」という苦情が寄せられていたということです。

ジェンダーの問題に詳しい中京大学の風間孝教授は「性自認に合ったトイレを使いたいというトランスジェンダーの思いとトイレを使っている女性の不安が衝突した出来事だと思うが、性自認は目に見えないため周囲の人たちは外見などで判断するしかないのが現状だ」としたうえで、どうすれば多様な性を認めながら共に生きていけるか考えていく必要があると指摘しています。

クリハラチアキ
法律は守ろうよっていうシンプルな話だと思うけど。
法律違反は法律違反。
この国は法律を変える自由があるのだから、
国会議員に言えばいいっていうシンプルな話。

LGBTが性自認に基づくトイレ使用を認めるのは、シスに対する弊害も大きいので
慎重な検討が必要。



-LGBT

Copyright© 女装ニュース24 , 2022 All Rights Reserved.